脂肪注入豊胸のダウンタイムは?期間や症状について医師が解説!

大きな胸を寄せている女性
考えられるリスク・副作用
腫れ・内出血・浮腫・痛み等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。

脂肪注入豊胸は、自分自身の体の一部から採取した脂肪をバストに注入する豊胸術です。生まれつきのようなふわふわで柔らかいバストを手に入れられることから、eクリニック東京でも非常に人気の高い施術となっています。豊胸手術に限らず、美容整形を受ける前にはダウンタイムについて詳しく知っておくことが重要です。
そこで今回は、脂肪注入豊胸におけるダウンタイムについて解説していきたいと思います。ダウンタイム中に起きる副作用の症状や仕事復帰の時期、過ごし方や注意事項まで詳しくまとめていますので、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

コンデンス豊胸

ピュアグラフト豊胸

downtime

脂肪注入豊胸のダウンタイム

脂肪注入豊胸のダウンタイム中の症状・副作用には以下のようなものがあります。

  • 腫れ
  • 内出血
  • 赤み
  • 痛み
  • 拘縮
  • ひきつれ感
  • だるさ
  • 熱感
  • 頭痛
  • 痒み
  • むくみ
  • 知覚麻痺
  • 発熱
  • 色素沈着
  • 感染症
  • アレルギー反応

主要な副作用としては、脂肪注入した箇所と吸引箇所のそれぞれに現れる内出血、ひきつれ感などが挙げられます。内出血や腫れのピークは施術後1週間ほどで、抜糸後から自然に症状がおさまってきます。症状の強さには個人差もありますが、脂肪吸引した量によって変わることが多いです。脂肪吸引の量が多いほど症状が強く出る傾向にあるため、処方された痛み止めを使用するなどして対処しましょう。
脂肪注入後の1〜2週間は、むくみによってバストが膨らみすぎたように感じる場合がありますが、こちらも時間の経過とともに徐々に馴染んでいきます。ダウンタイムは基本的に時間とともに改善するので問題ありません。
しかし、これらの症状がダウンタイム期間を過ぎても治らなかったり悪化したりする場合には、感染症やアレルギー反応の可能性がありますので、すぐにクリニックを受診しましょう。

脂肪吸引した部位には圧迫固定が必要です
脂肪を採取した部位に特に起こりやすい副作用に拘縮というものがあります。皮膚につっぱり感や引きつり感が出る症状を指しますが、脂肪を吸引したことによりスペースができ、離れた組織同士が繋がりあおうとすることが主な原因です。圧迫によって拘縮のリスクを軽減することができますので、できる限り圧迫固定を外さないようにしましょう。

ダウンタイム期間

時計を持っている女性

バストが完成形となるまでには長い時間がかかりますが、上記で説明したダウンタイムの症状は術後1ヶ月ほどで徐々に改善していきます。そのため、ダウンタイムの期間は1ヶ月程度と考えておいて良いでしょう。
ただし、注入した脂肪が完全に定着するまでには、早い場合だと6ヶ月、長ければ1年ほどの期間が必要です。脂肪の定着を妨げないために、ダウンタイム期間が終わった後も患部周辺にはなるべく刺激を与えないようにしてください。

ダウンタイム中の過ごし方と注意事項

ダウンタイム中の過ごし方は、バストの仕上がりに大きく影響してきます。ダイエットや喫煙は避け、健康的な生活を心がけましょう。

できるだけ安静に過ごす

ベッドで横になっている女性の足

手術当日と翌日は念の為、予定を入れないで自宅で過ごすことを推奨しています。
手術のすぐ後から二度目の来院までの期間、圧迫固定を外すことはできません。吸引部位は動かしにくくなるものと理解しておきましょう。圧迫固定を外した後も、2~3ヶ月間はガードルを着用するのが望ましいです。
バストや脂肪吸引部位は洋服で隠すことが可能なので、腫れや内出血などの症状が他人に気づかれてしまう心配はありません。しかし、術後はできるだけ安静に過ごしたほうが副作用も早く治まり、定着率も上がります。手術の翌日は学校や仕事などは多めにお休みを確保していただくと安心です。

バストを揺らしたり圧迫したりしない

抜歯をした後から運動することはできますが、術後はバストを強く圧迫したり、大きく揺らしたりしないように気をつける必要があります。
バストを圧迫しないために、術後1ヶ月程度はパット付きキャミソールやワイヤーの入っていないブラジャーを着用するのがおすすめです。
当日〜術後3ヶ月ほどは、脂肪細胞が完全に定着していない状態になりますので、むやみに触らないように注意しましょう。内出血が落ち着けば、日常生活を送る上で胸を軽く触る程度なら問題はありません。ただし、マッサージなどで強い刺激を与えることは避けてください。

過度なダイエットをしない

手術直後の過度なダイエットはあまりおすすめできません。脂肪の定着が上手くいかなかったり、定着に遅れが生じたりする可能性があります。
たくさん食べる必要はありませんが、術後3ヶ月ほどはバランスの取れた食事と健康的な食生活を意識するようにしましょう。

喫煙を控える

禁煙をしている女性

喫煙は血管を収縮させるとされているため、術後1ヶ月程度は控えることをおすすめします。3ヶ月控えることができれば理想的です。
定着率が低下するだけでなく、しこりや炎症の原因になる可能性がありますので、受動喫煙にも十分ご注意ください。

東京院の豊胸手術のLINE予約のバナー

東京で人気の豊胸手術のご予約はコチラから⇒

ABOUT

脂肪注入豊胸とは

脂肪注入豊胸では、太ももやお腹周りなどからお客様自身の脂肪を採取し、特殊な医療技術を用いて抽出した高純度の脂肪細胞をバストに注入していきます。自分の体から取り出した脂肪は体に馴染みやすく、不純物が含まれていない脂肪細胞を注入することで失敗の確率も大幅に軽減することが可能です。
脂肪注入豊胸のメリットはバストアップだけではありません。数ある豊胸術のなかから脂肪注入豊胸を選ばれる方の多くが重視しているのが「仕上がりの自然さ」です。本物の脂肪を使用しているため豊胸手術特有の違和感が少なく、どの角度から見ても自然で美しいバストを手に入れることができます。

また、注入した脂肪が一度定着すれば、その効果は半永久的に持続する点も魅力です。生まれつきのバストのような自然さで、長期的に胸にとどまってくれます。ヒアルロン酸のように体内に吸収されることもありませんので、定期的なメンテナンスも不要です。しかし、加齢やダイエットなどの要因で胸が小さくなってしまうことがあるということを念頭に置いておきましょう。天然のバストと同様に、過度なダイエットをせず適切なケアを続けていれば極端にサイズダウンすることはありません。
さらに、バストアップと同時に部分的なサイズダウンが叶う点もメリットのひとつ。脂肪注入豊胸では脂肪吸引が必須ですが、吸引箇所はある程度お客様の希望に沿って決めることができます。脂肪を吸引する部位としては太ももや二の腕、腰、ウエストなどが多いです。バストアップと部分痩せを同時におこなうことで、よりメリハリのある体型を手に入れることができます。

menu

eクリニック東京の脂肪注入豊胸

eクリニック東京院ではさまざまな豊胸術をご用意しておりますが、そのなかでも特におすすめできるのが脂肪注入豊胸です。
「痩せ型だと脂肪吸引ができずに断られてしまう」といった話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にバストアップを希望される方のほとんどが痩せ型です。そこで当院では、複数箇所から少しずつ脂肪を採取するなどの工夫をすることで、BMI16以下の方でも施術を受けていただける体制を整えております。

また、体への負担を抑えてダウンタイムを短くする「アキーセル脂肪吸引」を採用しているほか、オプションとして新しい血管を作る働きのある「エクソソーム点滴」を併用することも可能です。お客様が少しでも安心して施術に臨んでいただけるよう、さまざまな工夫をおこなっております。
ここからは、eクリニック東京院でおこなっている2種類の脂肪注入豊胸について詳しくご紹介します。どちらにも良い面と悪い面がありますので、お客様ご自身が何を重視したいかによって選択するようにしてください。

コンデンス豊胸

コンデンス豊胸を受けた女の症例写真
考えられるリスク・副作用
腫れ・内出血・浮腫・痛み等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。

カニューレと呼ばれる特殊な医療器具で吸引した脂肪から、死活細胞・老化細胞・血液・麻酔液などを取り除き、専用の遠心分離機にかけて濃縮していきます。抽出された良質で純度の高い脂肪のみをバストに注入するため、しこり・脂肪壊死・石灰化などのリスクが極めて低いのが特徴です。また、濃縮(コンデンス)することで組織とより馴染みやすくなり、約70%と非常に高い定着率を実現しています。ただし、濃縮の工程がある分、抽出にかかる時間が長くなってしまうため、後述するピュアグラフト豊胸と比較して体への負担が大きい点がデメリットです。

コンデンス豊胸

ピュアグラフト豊胸

ピュアグラフトの症例写真
考えられるリスク・副作用
腫れ・内出血・浮腫・痛み等を生じる事があります。
なるべく、リスクや副作用が出ないように配慮して手術を行っています。

ピュアグラフト豊胸は、カニューレと呼ばれる医療器具で吸引した脂肪細胞を二層構造の専用フィルターでろ過し、不純物を取り除いていきます。良質な脂肪のみを注入することができるため、コンデンス豊胸と同じくしこりや石灰化のリスクは非常に低いです。濃縮の工程がない分、定着率はコンデンス豊胸より10%ほど低くなりますが、その分安全かつリーズナブルな価格で施術を受けることができます。

ピュアグラフト豊胸

when

脂肪注入豊胸の仕事復帰はいつから?

通勤途中の女性

脂肪注入豊胸のダウンタイムはおよそ1ヶ月です。しかし、学校にしても仕事にしても、長期間スケジュールを確保することはなかなか難しいことが多いでしょう。1週間程度はなるべく予定を空けておき、仕事や学校なども事前に休めるように調整しておくと安心です。
とは言え、圧迫固定を外した数日後に学校や仕事に復帰される方もいらっしゃいます。また、リモートワークや在宅ワークの方であれば、副作用等の症状を見て復帰時期は自己判断でも構いません。ただし、体調が優れない場合などは決して無理をせず、安静に過ごすようにしてください。

Summary

脂肪注入豊胸ならeクリニック東京

今回は、脂肪注入豊胸のダウンタイムについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
国内トップクラスの技術力を誇る当院では、丁寧なカウンセリングでお客様の仕上がりイメージをしっかりと汲み取り、一人一人の体に合った最適な術式・デザインをご提案いたします。脂肪注入豊胸に興味がある方は、ぜひ一度無料カウンセリングを受けてみてください。

東京院の豊胸手術のLINE予約のバナー

東京で人気の豊胸手術のご予約はコチラから⇒

Related Column 関連コラム

Tiktok Instagram